生活を改善してくれます|突発性難聴に御用心|現在多発中の病なのです
先生

突発性難聴に御用心|現在多発中の病なのです

生活を改善してくれます

老人

悩みを手助けしてくれます

年齢を重ねるとともに老眼になるように、耳にも衰えが出ています。病気による難聴は治療により回復する場合もありますが、加齢に伴う老人性難聴の場合、補聴器の装用により生活の不具合さを補う必要があります。補聴器はアナログのものからデジタルのものに移行してから、装用時に体験する悩みを改善させる機能が装備しています。補聴器を装用すると会話音だけでなく、周囲の雑音までも気になる場合があります。デジタル補聴器は換気扇の音のような継続して一定の音を感知すると雑音と見なし、音を抑えることができます。また、突然風船が割れたりした場合、大きな音をそのまま耳に伝えないように大きすぎる音を抑える機能が付いています。生活スタイルによってこれらの機能を有効利用して上手に補聴器を使いましょう。

自分に合う形を見つけよう

補聴器にはさまざまな形状があります。以前はラジオを聞くようにイヤホンを入れて使用するポケット型や、耳の後ろに引っかける耳掛け型、耳の穴にしっかりと収まる耳穴型があります。指先の動きが悪く、小さな機械を取り扱うことが苦手な場合にはポケット型を選択します。スイッチも大きな仕様になり簡単な操作が魅力です。また、汗をかいたり汚れやすい環境で使用する場合には耳掛け型を使用します。耳穴に入れた耳栓から透明なパイプを通じて少し離れた位置に補聴器があるので汗によるダメージが少なくて済みます。そして、耳穴式はコンプレックスを解消し目立ちにくくするのと同時に、音を拾うマイクが耳穴にあるために音の方向性をより正確につかむことができます。特性を生かした補聴器選びが大切です。