辛い症状にララバイ|突発性難聴に御用心|現在多発中の病なのです
先生

突発性難聴に御用心|現在多発中の病なのです

辛い症状にララバイ

医者

難聴となると音を聴き取ることが難しくなるため補聴器の使用がすすめられます。補聴器を必要とする方の多くは、感音性難聴の一種である老人性難聴の方が中心です。この老人性難聴の特徴は、小さな音が聴き取りにくくなるにもかかわらず、大きな音は必要以上にうるさく聞こえることをはじめ、様々な音が不自然に聞こえることや人の話す言葉を誤って聴き取るなどの特徴があります。この老人性難聴の症状は、正しく補聴器を使用することで改善することができます。しかし老人性難聴の原因は聴覚細胞が劣化することによって起きているので、補聴器を使用する際には個人の難聴の度合いに合わせて調整作業をすることが必要です。補聴器を正しく使用するためには、耳鼻咽喉科で聴力検査を受けることが必須です。年齢を重ねて耳が遠くなってきたと感じる方は補聴器を購入する前に、まずは耳鼻咽喉科で詳しい診察を受けるようにしましょう。

補聴器を購入するに際は、補聴器相談医の資格を持つ耳鼻咽喉科で相談しましょう。補聴器相談医とは、補聴器に精通し販売店に対して指導やアドバイスを行う資格をもつ医師のことで、新宿の耳鼻咽喉科にも数多く在籍しています。補聴器の使用では聴力に合わせて細かな調整を行うフィッティングが必要となりますが、耳鼻咽喉科で相談すれば診断書の内容をもとに販売店に対して調整すべきポイントなどの指導を行ってくれるので、スムーズに調整することができます。また新宿には補聴器を扱っている販売店が数多くありますが、新宿の耳鼻咽喉科で相談すれば専門知識を持つ信頼できる販売店を紹介してもらうことも可能です。補聴器の使用を検討している方は、補聴器相談医の資格を持つ新宿の耳鼻咽喉科で診察とアドバイスを受けるようにしましょう。