看護師

突発性難聴に御用心|現在多発中の病なのです

生活を改善してくれます

老人

加齢をサポートしてくれる補聴器には、使用上出てくる様々な悩みを解消できる機能が付いています。雑音の制御や最大出力を抑えるだけでなく、その人の生活スタイルに合わせた様々な形状を選ぶことができます。特性に合った選び方が大切です。

詳細を読む

辛い症状にララバイ

医者

補聴器を購入する際は、耳鼻咽喉科で診察とアドバイスを受けることが大切です。新宿には、補聴器の購入を専門的な立場から紹介することができる補聴器相談医の資格を持つ耳鼻咽喉科が数多くあります。このような耳鼻咽喉科で相談すれば、信頼のできる販売店を紹介してもらえるので、安心して補聴器が購入できます。

詳細を読む

気づきにくい病気

病院

イヤホンの長期的な使用などで若年層でも耳が聞こえにくいなどの聴覚障害を訴える方が増加しており、耳鼻科に通う方が増えています。新宿は通いやすい病院が増加しておりネットで待ち時間が確認できたり、夜遅くまで診察を行っている病院があります。

詳細を読む

突然聞こえづらくなる症状

男の人

増加中の耳の難病

突発性難聴は突然耳が聞こえづらくなってしまう症状で、その患者数は年々増加しています。現在多発中の病なのです。この10年間で患者数は1.5倍にもなり、年間約4万人もの人が症状を訴えている状況です。突発性難聴が起きる原因ははっきりとは分かっておらず、治療も完全に治る人は1/3位にとどまります。このため難病指定にもされていますが、早めの治療や予防が突発性難聴を悪化させない手段となります。突発性難聴の疑いを感じたときは、2週間以内に治療を受けなければ予後が悪くなるとされています。そして突発性難聴は内耳循環障害やウィルス感染が疑われている他、ストレスや疲労も症状を引き起こす要因とされています。日頃からストレスを溜めないように気を付け、疲れたときは十分に静養することが大切です。

耳鼻科での治療

突発性難聴かどうか判断できない場合、その特徴を見極めなければいけません。まず突発性難聴はある日突然症状が起こり、その多くは片耳だけにあらわれます。そしてめまいや吐き気を感じることは少なく、耳が詰まったような感じを受けるので聞こえづらくなるのです。このような特徴がある場合、早めに耳鼻科へ診てもらう必要があります。耳鼻科では聴力の検査をしていき、そこで具体的な症状と照らし合わせて診断されます。突発性難聴の治療は投薬で症状を抑えていくことになり、ビタミンCやステロイド剤が用いられます。これをしばらく服用していけば症状の抑制が期待されますが、同時に生活習慣も見直していくことも必要です。耳鼻科によっては突発性難聴の原因をストレスや疲労と強くみるところもあるので、十分な静養が勧められます。治療中は良質な睡眠を心がけ、無理のないように行動しなければいけません。